何か新しいことをするなら通信講座

通信講座の抱える課題

何か新しいことをするなら通信講座 私は高校受験対策として、とある通信講座を受けたことがあります。結果から言いますと私には向いてませんでした。結局受け始めてから2ヶ月で断念し、集団授業の大手進学塾に変えました。では、なぜ続かなかったのでしょうか。私が考えるには、添削してくれる相手と会話などのコミュニケーションをほとんど取れなくて、さらに送ってから帰ってくるのが遅く、内容が難しいと思ってもすぐに質問できないなどたくさんの問題点があったからではないかと考えられます。

それでも私の周りには私があきらめた方法で好成績をたたき出す人がいましたが、全て女性でした。このことから考えられることは、男性には不向きと。なぜ不向きかと言うと少々専門的な分野に入っていくので省きます。彼らの話を聴いてみると、興味深いことがありました。それは、教材のフル活用です。与えられた教材を自ら工夫して使いこなしていたのです。それによって、高得点をばんばん出していたのでした。けど通信講座には限界があって、生徒の成績上昇状況をはかれなかったり、もっと大きな問題点は教材が難易度別に分かれていても、大してレベルは高くないと言うことです。通信講座は生徒の学力に適した指導をすることが出来るようになることが今後の課題と言えそうです。

関連リンク



Copyright(c) 2022 何か新しいことをするなら通信講座 All Rights Reserved.